DAITETSU

 

安全

行動目標

行動目標

行動目標

  • 私たちは、最も安全と認められる行動をします。
  • 1.鉄道をご利用されるお客さまの死傷事故や公衆災害を防止します。
  • 2.触車事故・墜落事故などの重大事故を防止します。
  • 3.安衛法(労働安全衛生法)・営近示方書(営業線近接工事保安関係標準示方書)など、決められたルールを守ります。
  • 4.現場と工事内容にふさわしい施工計画をたて、これを確実に実施します。
  • 5.協力会社と気持ちをひとつにして、安全で質の高い仕事をします。

スローガン

事故を起こさない仕事をきっちりやる会社にしよう!

安全方針

鉄道をご利用されるお客様の死傷事故ゼロ、
工事従事員の死亡・重大労災ゼロに向けた取組の更なる推進を図ります。

目標

  • 1.鉄道をご利用されるお客様の死傷事故「ゼロ」、公衆災害「ゼロ」
  • 2.触車・重機・墜落・感電による労働災害「ゼロ」
  • 3.機械・器具の列車衝撃、保守用車・ケーブル損傷等による輸送障害「ゼロ」

重点実施事項

1.鉄道をご利用されるお客様の死傷事故防止及び公衆災害防止対策の徹底

  • (1)営近示方書等に定める各種ルールに基づく「お客様の死傷事故」防止対策の徹底
  • (2)過去の事故事例の反省に立った「公衆災害」防止対策の徹底
  • (3)余裕を持った運転と交通安全ルール遵守による「交通事故」防止対策の徹底

2.触車事故防止強化計画(アクションプラン)パートⅡの着実な実施

  • (1)作業計画確認者による計画確認や週間計画会議または施工検討会議等の機能を確実に発揮させ、
     施工の場所・内容・時間に見合った保安体制を、計画段階で具体的に確立させる仕組みの定着
  • (2)「演練=本番・現場」を意識した触防演練の実施
     特に現場に即した「触防基本マニュアル」整備と体得状況確認の仕組みの定着
  • (3)新しい「工務関係触車事故防止要領(在来線)」の定着に向けた確実な対応

3.新幹線における安全施工体制の定着

  • (1)新幹線保守用車衝突事故防止計画アクションプランにおける各種取組みの定着確認
  • (2)北陸新幹線における安全施工体制の定着

4.施工計画の精度向上及びリスク低減対策の確実な実行

  • (1)現場調査等に基づき、現場実態に見合った精度の高い施工計画の作成
  • (2)地図・写真・施工図等について、GIS等を活用して作業が具体的にイメージできる
     「解り易い計画書」により従事者全員に 周知・理解させるとともに、現場段階では
     安易な変更をせず確実に実行
  • (3)工事内容及び施工方法に関し、過去の事故・災害事例とその対策の研究を行い、施工場所・条件等に
     応じた再発防止策をたてこれを実施
  • (4)安全パトロール等を通じて、現場でのルールの遵守状況・リスク低減策の実施状況を
     確認し、 必要に応じて是正改善

5.現場統括管理の実践による安全管理の深度化

  • (1)現場統括管理事項の漏れのない実施および確認・指導
  • (2)重層構造における元方と関係請負人の「役割と責任」について指導強化
  • (3)支店長等による定期的な労働基準監督署への訪問や建災防・中災防の活動への参画などによる安全に
     関する必要な情報の提供と収集

6.安全教育・訓練及び資質管理の充実

  • (1)統括管理のレベル向上に向けた安衛法令教育と営近示方書教育の両立
  • (2)工事管理者等の資質管理の充実
 

PageTop