今を守り、これからを築く。

今ここにあるものをしっかりと守りながら、これから必要とされるものを築いていく。 それが大鉄工業の使命です。

だから大鉄

1 社会貢献度

日々の暮らしを根底で支えるものを築き、守る会社です。

大鉄工業は建設業の中でもひと味違います。鉄道の線路や駅、そして道路や橋、あるいはビルやマンション、公共施設など、大鉄工業の手掛ける建造物は、人々の日々の暮らしを根底で支えています。それらは、一度築いて終わるものではなく、ずっと先の未来へと受け継がれていくもの。大鉄工業なら、物理的にも、時間的にも、背負うもののスケールの大きさを肝に銘じ、社会に対する貢献度の高さを実感しながら、仕事に向かうことができます。

2 仕事にかける想い

人への想い、仕事への想いを、真摯にかたちにする会社です。

~私たちは、「人を大切に思う気持ち」と「仕事に対する真心」とで、安全施工の大鉄工業を築きます。~ これは、大鉄工業が最も大切にしている安全理念です。鉄道関連工事を多く手掛けることから、「安全」に対しては何より強い意識が根づいている大鉄工業。その安全を守るためには、関わる人々や仕事を大切に思う気持ちが不可欠です。真摯に、誠実に、ひたむきに。もし、あなたがそんな姿勢で仕事に向かいたいなら、大鉄工業は絶好のフィールドになるはずです。

3 プロとしての成長

地に足をつけながら、プロとして伸びやかに成長できる会社です。

線路、土木、建築の3つの部門に事務部門。大鉄工業の仕事はどれも、プロとしての高い専門性が求められるものばかりです。そのため、人材の教育には特に注力しており、入社時の新入社員研修をはじめとする多彩で充実した研修メニューを整備しています。また職場においても、先輩が後輩を熱心に指導する風土が根づいており、長い年月の中で培われてきた技術力の継承が行われています。こうして、日々の業務を通して、地に足をつけながら、プロとして伸びやかに成長することができます。

大鉄の事業

「線路」「土木」「建築」の3部門が力を結集し社会を支えるプロジェクトを遂行しています。

1943年の創業以来、JR西日本グループの総合建設業として独自の技術とノウハウを築いてきた大鉄工業。鉄道新線の建設や線路の保守・点検に取り組むとともに、九州新幹線や山陽新幹線などの国家プロジェクトを手掛けてきました。大鉄工業の特徴は、「線路」「土木」「建築」の3つの部門が積み重ねてきた技術やノウハウを融合させ、高い技術力を発揮すること。これらの力を結集し、鉄道関連工事のほか、駅ビルやマンション・高速道路や橋梁の建設など、幅広い分野で交通や暮らしにかかわるプロジェクトを遂行しています。これからも「人と人」「地域と地域」を結び、社会の発展や人々の安全で快適な暮らしを支えていきます。

線路部門

鉄道交通を支えています。

鉄道線路の敷設や保守・点検を手掛け、人々の重要なライフラインのひとつである鉄道交通の基盤を支えている線路部門。
これまで日本の鉄道交通の大動脈であるJR東海道線・山陽・九州新幹線をはじめ、JR在来線の東海道本線・北陸本線・関西空港線・おおさか東線など、数多くの新設の建設と線路の保守工事を手掛けてきました。
「安全」「品質」を提供する大鉄工業では、さらなる工事作業の効率化や安全性の向上を図るため、オリジナル機械の研究・開発を重ねています。永年培ってきた質の高い保線技術のノウハウに最新技術をプラスして、人々の安心で安全な暮らしを守り続けます。

土木部門

社会基盤を築いています。

JR西日本グループの鉄道関連工事で蓄積してきた施工技術が源となっている土木部門。
鉄道と道路の立体交差や高架化工事から、高速道路のジャンクションやインターチェンジ、橋梁、上下水道の建設工事まで、多岐にわたる土木プロジェクトを手掛けています。
さらに、近畿圏を中心にメンテナンス工事による鉄道の安全安定輸送にも貢献しています。資源保護、環境への配慮などにも取り組みながら、未来の社会基盤をこれからも築き続けます。

建築部門

都市環境を造っています。

地域のランドマークとなる駅舎やターミナルビルの建設など、数多くの実績を築いてきた建築部門。
建築のトータルコーディネーターとして、企画・設計の段階から積極的に携わり、駅舎の新築や高架化、ターミナルビルなどの鉄道建築に取り組んできました。さらに、公共施設・商業施設・マンションなどの一般建築、歴史的構造物の保存・再生工事など、建築プロジェクトを手掛けています。
近年では、西日本最大のターミナル・大阪駅開発プロジェクトにも参画。永年培ってきた高度な技術やノウハウで、人々が行き交い、活気のあふれる都市環境・都市空間を造ります。

働く仲間

  • 福知山出張所 柳田 勇志
  • 神戸支店 神戸在来土木メンテナンス出張所 田中 大貴
  • 建築支店 建築工事第一部 篤田 直人
  • 建築本部 建築営業部 安田 翔太
  • 経営管理室 経理 青柳 友佳里

「当たり前」を支える誇りを胸に、ミリ単位の精度で補修を重ねる。

仕事

傷んだレールやまくらぎを交換するメンテナンス業務に携わっています。

希望していた線路部門に配属された私は入社して6年間、新大阪駅から久宝寺駅にいたる「おおさか東線」整備プロジェクトに携わりました。新線を造るチャンスなどそうそうないだろうと思っていたので、入社していきなりの配属で驚きましたが、街と街をつなぐ新たなレールの敷設にやりがいを感じながら取り組んでいました。
その後、異動となり現在は線路のメンテナンス業務に携わっています。傷んだレールやまくらぎを交換するのですが、傷んだレールやまくらぎを交換するのですが、作業時間帯が列車の走っていない夜間の3時間程度に限られるため、施工方法については、作業日の2週間前から協力会社も交え入念な検討を行った上で施工することとしています。

苦労

新設プロジェクト、メンテナンス、ともにプレッシャーがあります。

新線プロジェクト工事を担当していた頃は、列車の遅れや悪天候で施工が思うように進まず、工期の管理に苦労しました。また、新線工事では1年がかりで造ってきた新線路と、現在列車が走行している旧線路をつなぎかえる、いわゆる「線路切換工事」という大規模工事がありますが、この工事を一夜でやりきらなければならないため、大きなプレッシャーとの戦いでした。
一方、現在のメンテナンス業務では、担当エリアが広範囲であることから、経験したことのない現場を次々担当する難しさがあります。たとえ予期せぬ事態が待っていようとも、工事は完遂させなければ始発列車が通らないので、新設プロジェクトとはまた違った緊張感があります。

喜び

朝日の中を始発列車が走っていく、その姿を眺めること。

線路部門の仕事は、なかなか列車にご乗車になるお客様には見えづらく、縁の下の力持ちのような役割なのですが、夜間工事を無事に終え、朝日の中を通常通り始発列車が走っていく姿を眺めるのは、線路部門ならではのやりがいだと思います。また、日々ミリ単位の精度で線路の調整を行っているのですが、通勤などで電車に乗り、自分がメンテナンスした箇所を通過する時に、揺れがなくなって乗り心地が良くなったことを体感すると、自分の仕事の成果が実感できてうれしく思います。
入社理由にもなったことですが、線路を造ったりメンテナンスしたりする仕事は他の建設会社ではなかなかできないので、誇りを持って仕事をしています。

目標

どんな仕事でも頼りにされる存在を目指していきたい。

これからもっとたくさんの知識や経験を積み、どんな仕事でも「赤松に任せればやってくれる」と頼りにされる存在になりたいです。新設プロジェクトは6年間の経験を通して、だいたいの流れはつかむことができましたが、メンテナンス業務はまだまだこれから。既設線路設備に用いられている材料や機器はさまざまで非常に奥が深いので、今後しっかり経験を積んでスキルアップを図りたいと考えています。

赤松 亮輔

赤松 亮輔

大阪支店 王寺出張所
2011年入社
工学部 社会環境工学科

なぜ大鉄を選んだのか?

大学では土木を学んでいたので、建設会社を中心に就職先を検討していました。数多くある建設会社の中でも、線路を造ったりメンテナンスをしている会社はなかなかないところから大鉄工業に興味を持ち、入社を決めました。また、JR西日本グループということもあって、将来的に安定性が期待できるという点も入社理由の一つです。

守っているものは?

乗客の皆さまにとっての「当たり前」を守っている自負があります。通勤、通学、旅行など、鉄道を利用されるお客さまは、正確な運行を前提に動かれます。もし線路に異状が発生して運行に支障を来せば、お客さまの予定にも影響を及ぼしてしまいます。そうしたことがないよう、日々、メンテナンスを行うことが私たちの使命です。

築いているものは?

人間関係です。工事にはさまざまな方が関わりますが、それぞれ立場や考え方が異なるため、密にコミュニケーションをとりながら、一つの目的に対して全員で協力して達成できるような関係構築に努めています。

大鉄の良いところ

職場環境が良いところです。まず「人」がいいです。若手からベテランまでさまざまな方々と仕事をしていますが、皆さん困った時には助けてくださいます。風通しもよく、言いたいことが言える環境です。仕事は決して甘くはなく、人知れず頑張るというところがありますが、鉄道の運行を根底で支えているという誇りを持って働ける会社です。

橋梁などの土木構造物の維持管理に取り組む。

仕事

橋梁をはじめ鋼構造物の現場調査から設計、施工までを実施しています。

JR西日本の大阪エリアで土木構造物の維持管理を担う出張所に所属しています。主な仕事内容は、特に橋梁などの鋼構造物の現地調査から設計、計画、施工までを担当しています。鋼構造物は、そのほとんどが明治時代に造られた歴史的構造物。それを現代の技術を駆使して補修し、次世代に引き継げるように作業しています。電車の運行に支障がないよう、昼間に電車を通しながら、また夜間に線路に入って施工を行います。

苦労

多数のお客様がご利用されている電車の運行を最優先。そんな責任感と緊張感がある仕事です。

修繕工事を行うときは、通常であれば古い設計図をもとに新たな設計をします。しかし、橋梁などの鋼構造物は歴史的構造物が多く、建設当時の資料が残っていません。設計前に一から調査や測量を実施しなければならず、中がどうなっているかは、実際に工事してみないとわからないところに苦戦しています。工事中に想定外のことが起きても、電車の運行を最優先して作業を行います。「何が起きても電車は通さなければならない」という責任感と緊張感がある仕事ですが、そのぶん社員同士が助け合い、チームワークが強化されることがやりがいにつながっているように思います。

喜び

自分の手がけた仕事がかたちとして残るところ。

自分の手がけたものが、かたちとして残るところです。電車に乗ると、自分の造ったものを見ることができます。作業をしていた当時のことを思い出して、充実感を味わえるひとときです。また、そのことを家族に話せるのも喜びです。子どもが大きくなったら、一緒に電車に乗って、私の仕事の話を聞かせてやりたいと思っています。
大学の友人たちも他社で同じような仕事に携わっていますが、線路に関わる仕事ができているのは私だけ。当たり前のように電車が動いているのは、縁の下の力持ちのような大鉄工業の存在があるからだと、ひそかに誇りに思っています。

目標

大規模プロジェクトを任される団結力あるチームをつくりたい。

入社して8年になり、後輩も増えてきました。私の仕事もこれまでのように上司や先輩を頼って仕事をするのではなく、後輩のスキルアップを図り、成長を促す立場へと変わりつつあります。大阪エリアは大規模な工事が多いので、その中で私が主になって、メンバーの個性を活かしながら団結力のあるチームをつくっていきたいです。目指しているのは、大規模プロジェクトでも、「このチームなら任せられる」と思われるようなチーム。チームの先頭に立って、みんなを牽引していけるように、実績と信頼を積み重ねることに注力しています。

梅本 幸典

梅本 幸典

大阪支店 大阪北土木メンテナンス出張所
2010年入社
都市創造工学科

なぜ大鉄を選んだのか?

父親が土木関連の仕事をしていて、この道に進むことにしました。大鉄工業を選んだのは、大学の多くの先輩方が大鉄工業に入社されていて、楽しそう働かれていたから。また、他社にはない線路、土木、建築の協働作業や、線路直近での独自の技術力があるところにおもしろさを感じました。

守っているものは?

鉄道はとても重要なインフラです。人びとが当たり前のように安全な暮らしが送れるように、日々の作業を通じて守っているように思います。人びとがより良く過ごせるように、これからも努力していきたいです。

築いているものは?

信頼です。任せられた現場で、責任を持って施工・管理し、完成させる。その継続的な積み重ねが信頼につながります。大がかりなプロジェクトならば、数十人ほどで作業に当たります。多くの人が作業する現場で、安全管理を心がけながら、予定していたものよりさらに良い工事ができるよう努めています。

大鉄の良いところ

大規模な研修センターをはじめ、若手社員に対する教育環境が充実しています。講習会や研究会も頻繁に実施され、他部署との意見交換会では、意見が活発に交わされています。また、最新の技術に触れられる海外視察も行われるなど、社員が学んで成長できる体制が整っています。

地域のシンボルとなる建築物の建造に挑む。

仕事

工事全体の工程調整や施工計画、現場管理などを行っています。

守口市東部エリアのコミュニティ拠点施設の建設工事に携わっています。この建物は、地域が集う場と体育室が一体となった施設で、建物にはコンクリート化粧打放しが採用されており、難易度の高い建物です。私の担当業務は、主に工事全体の工程調整や、各種工事の施工をスムーズに進めるための施工計画です。また、専門工事の協力会社と調整を図りながら現場施工管理も行っています。設計事務所さんのこだわりが詰まった意匠性の高い建物なので、仕上がりが楽しみです。

苦労

日々、重要な判断を迫られながら一つひとつの建物を手造りしています。

扱う建物は、これと決まっているパターンがなく一つひとつ手造りです。建物ごとに、施工方法はもちろん、施主さまから要求される品質、専門工事会社などが異なるため、その都度、現場に応じた動き方が求められます。特に専門工事会社の皆さんには、いろいろと教わりながら学ばせてもらっています。
また、日々の施工打ち合わせにおいては、その場で判断を迫られる局面が多く、中には、誤った判断をすると事故につながる重要な事項もあります。そのため、安全を最優先しながら、全体工程に遅れが出ないベストな道を、緊張感を持って慎重に検討するようにしています。

喜び

計画通りに工事が進み、無事に竣工を迎えられた時。

自分が考えた施工計画通りスムーズに工事が進むと、やはりうれしいです。そのためにポイントとなるのが、どこまで考えを及ばせて準備ができるかということ。1週間、1か月、数カ月先を読んで建築資材を発注したり、雨で作業ができない時にはどうリカバリーするかをあらかじめ検討したりしながら、計画に遅れが出ないよう努めます。
また、竣工を迎えた時には「やりきった」という達成感と喜びが得られます。施主さまだけでなく、苦労を共にした協力会社の皆さんからも「ありがとう」と言ってもらえるのは、この仕事だからこそのやりがいです。

目標

何もない広い土地に、地域のシンボル的建物を造りたい。

地域社会に貢献し、地図に残る建物を造り続けたいと思っています。入社以来、多くの集合住宅を手がけてきましたが、中でも一番印象に残っているのが、新駅と集合住宅群の建設プロジェクトです。何もない広い土地に、新駅と一棟一棟集合住宅ができあがっていくことに魅力を感じました。近い将来、もう一度何もない広い土地に、地域のシンボルとなる建物を造り上げたいと思います。そして、最後には社内外から「仲野に任せておけば完成する、次も彼に任せよう」と言われる存在になることが目標です。

仲野 喜晴

仲野 喜晴

建築支店 工事第三部
2008年入社
工学研究科 建築学専攻

なぜ大鉄を選んだのか?

父も建設業で働いているということもあって、幼い頃から建築に興味があり、高校・大学で建築を学びました。大鉄工業との出会いは、就職活動を通して。JR西日本グループの一員として、地域のシンボル的な駅舎を中心に建物を造っていると知ってすぐに魅力を感じ、自分も地域のためになる建物を造りたいという想いから、入社しました。

守っているものは?

第一に、工事現場で働く多くの方々が、一日安全かつ快適に作業できる空間。そして、笑顔で帰宅できる現場作りを考え、地域と共存できる高品質な建物を造ることを大切にしています。

築いているものは?

人と人との信頼関係です。例えば集合住宅の建設現場では、工種や職種が異なる多くの専門工事の方々と一緒に、一つの建物を造ります。その造る過程では、作業がしやすい空間を整備したり、施主の方々と緻密な打ち合わせをしたりしながら信頼関係を築き、そして最後には、集合住宅にお住まいになる方々に「大鉄工業が手がけた集合住宅でよかった」と信頼していただく・・・。そんな「人と人とのつながり」を大切にしています。

大鉄の良いところ

充実した研修センターがあるところです。実物大のモックアップを用いて入社当初から作業を体験できる研修センターは、たいへん貴重だと思います。また、小さな悩み事から大きな失敗まで、何でも相談できる上司や先輩が多いことも良いところです。いつも「自分で考えたことにチャレンジしてみなさい」と背中を押してくれます。そして大鉄工業の最大の魅力は、大手建設会社でも手がけることのできない「鉄道」と「駅」という特異な建築物を、自分で造ることができる点です。

建物の受注から竣工まで営業担当として携わる。

仕事

お施主様と向き合う窓口担当として社内外との交渉、書類作成などを行う。

民間のデベロッパーをお施主様とする営業を担当しています。新規顧客獲得のために営業活動をすることから、受注後、工事が始まってから現場定例会議に出向き工程の調整をするなど、建物が竣工するまでの仕事に携わります。建物は竣工するまでに1年~2年程度の時間がかかるものが大半のため、複数の物件を同時に担当として関わることがあります。そのため各物件の情報を正確に把握し仕事を進めなければなりません。

苦労

お施主様や現場の進捗状況によってその時々で判断を求められること。

今の仕事の難しさは、何か決まったパターンがないことです。その時々によって、やらなければならないことが変化するため、その場での判断がとても重要になります。自分で判断がつかない場合は上司に相談するのですが、その際、お施主様から何を求められ、自分はどうしたいかを明確にしなければなりません。また、お施主様の担当者と自社の担当者は多くが技術系の方が多く、建築の専門用語が飛び交うこともしばしばです。文系出身の私がその間で仕事をするのは大変だと感じることがあります。しかし、そんなときに活かされているのが、入社後1年間の現場勤務です。実際に建物ができていく現場を見て、建築について学んだことが今では大いに役立っています。

喜び

自分のアイディアを上司に採用され、思った通りに仕事が進んだとき。

仕事に対して、どれだけ準備しても本当に出来ているのか不安になることがあります。失敗してはいけないが、出来て当たり前・・・、そんな仕事もあります。しかし、上司に「良くできていた」と言ってもらえると、達成感を覚えます。私の上司は部下に対し「自分で考えて行動しろ」と指導する人で、「何を考えているのか言ってみなさい」とよく聞かれます。そして私の考えが良ければ、それを採用してくれたり、「やってみたら」と背中を押してくれたりします。自分のアイディアが仕事に取り入れられた時は、特にやりがいを感じます。

目標

価値の高い仕事を手がけ、社内外で認められる人材に。

現在、周りからサポートされている毎日ですが、いずれ私が営業の中心となって工事の受注に携わることを目標にしています。建物は時代によってニーズが変化します。その変化を読み取り、会社の利益と社会に貢献できる価値の高い仕事を手がけていきたいと考えています。自分で考え行動する習慣や判断力、知識を身につけ、経験を積み、最終的には社内外から「安田に任せておけば完璧だ、彼に任せたい」と言われる存在になることを目指しています。

新田 純也

安田 翔太

建築本部 建築営業部
2014年入社
外国語学部 中国語学科

なぜ大鉄を選んだのか?

父と兄が設計士ということもあり、建築に興味を持っていました。ゼネコンの営業マンという立場から建物に関わることによって社会貢献できるのではないかと考え就職活動を行っていたところ、大鉄工業に出会いした。JR西日本グループというしっかりした基盤を持ち、駅周辺をはじめ社会に必要とされる建物をつくっている大鉄工業に魅力を感じました。

守っているものは?

生活する場、働く場、学ぶ場、遊ぶ場・・・。人間の暮らしには必ず建物があります。その時代に合った建物、品質の高い建物がつくられていく過程を、お施主様と自社の技術者の間に立って守っているのだと思います。

築いているものは?

営業なので会社の顔として、お施主様や実際に建物を利用する方々はもちろんのこと施工者としての大鉄工業の社員とのつながりを築いています。たとえばマンションであれば、そこに住む方々に「大鉄工業が建てたマンションは良いね」と信頼していただく、そんなつながりや信頼を今後も築いていきたいです。

大鉄の良いところ

“なんでも質問できる”上司、先輩が多い会社だというところです。
仕事中の疑問に対して自分だけでは解決できず、不安になるときがあります。そんな時、私の職場では必ず質問できる人がいます。「分からないことがあったら何でも聞いてね」と言ってくれる上司、先輩が多いのです。また質問だけでなく「私だったらこの様にして仕事を進めたいのですが」と問いかけると「それはこんなリスクがあるね」や「それもいいね」と私にとことん付き合ってくれます。最終的には「思い切ってやりなさい、責任は取ってあげるから」と背中を押してくれます。

事業活動を円滑に推進するため、幅広い仕事に携わる。

仕事

機関運営をはじめとした多岐にわたる業務を担っています。

本社総務部の仕事は多岐にわたります。私が担当している業務の中で最も重要なのは、株主総会や取締役会といった機関運営に関する実務。株式総会、取締役会の開催には、法律や規則に則り適正に運営することが求められるため、資料の作成にあたり、弁護士等の専門家や、社内の関係者との調整などを行っています。また、株主対応、株式施策、持株会といった株式管理にも携わるとともに、本社ビルの修繕、防災、廃棄物衛生などの建物管理や、広報も担っています。時には自社倉庫の移転、全社的な電気代削減といった、新規の施策に関与することもあり、法令に携わる業務や職場環境に関する業務など、幅広い業務を手がけています。

苦労

意識を広範囲に持って複数の案件を同時に進行しています。

業務の種類が多く、内容も多岐にわたるため、複数の案件を同時に進行していかなければなりません。ひとつの仕事に集中しつつ、常に意識を広範囲に向けなければならない難しさがあります。総務の仕事は、人を相手にすることがメイン。仕事の内容や進め方も依頼する人や部署によって異なるため、その都度、自分でさまざまな要素を加味して仕事を組み立てる必要があります。私はまだ経験も浅いので、先輩への「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」を確実に行いつつ、自分なりの工夫をしながら仕事に取り組んでいます。また、社長をはじめ経営陣の方々と仕事を進めていく緊張感や、法務を担う部門という責任感も少なからず感じます。

喜び

多くの人を巻き込んで企画・実行していけること。

仕事で苦労することは多々ありますが、だからこそ面白さを感じます。例えば、若手社員が社長に承認をいただきに行く場合もあり、もちろん緊張感が強いですが、様々な考え方を教わることができるなど、他の部署ではなかなか経験できないこと。こうした経験が、今後、さまざまな仕事をしていく上で活かされていくように思います。また、本社総務は多くの人を巻き込んで行う仕事が多く、それを自分の手で企画・実行していくことにやりがいを感じます。緊張感や責任感は伴いますが、仕事をした結果、周囲の信頼を得られると、それが自信につながっていきます。
かつて働いていた支店総務では、定量的な仕事のやり方が身につきました。本社総務部では、仕事の必要性を説明できる等の、定性的な仕事のやり方が求められるため、配属当初は苦労をしました。しかし、徐々にそれができるようになると仕事をスムーズに進められるようになり、成長を実感できました。

目標

ゼネラリストでありながら法務に特化したスペシャリストに。

多様な仕事ができるようになったものの、専門性や難易度の高い仕事がまだまだあります。先輩方がされているそうした仕事ができるように勉強に取り組み、知識を深めていきたいと考えています。目標は、いろいろなことができるゼネラリストでありながら、何かに特化したスペシャリストでもある人材。スペシャリストとしては、法務関係を視野に入れています。身近に目標となる先輩が職場にいらっしゃるので、良い影響を受けています。

金澤 大聡

金澤 大聡

本社 総務部
2012年入社
観光学部 観光経営学科

なぜ大鉄を選んだのか?

就職活動の軸にしていたのが、仕事をした結果が見えることでした。そう考えたときに、仕事の成果が建築物として目に見えるかたちで残る建設会社に面白さを感じました。大鉄工業を選んだのは、駅の施設や線路などのインフラを手がけていて、世の多くの人の役に立つところに惹かれたから。また、採用担当者の親身な対応も好印象でした。

守っているものは?

法令を遵守するという気持ちです。会社の法務を預かる部署であるため、常に自らがそういう気持ちを持ち続けることが大事だと思っています。また、仕事をする際には、相手が何を求めているのかを把握し、できる限りそれに沿った答えを出せるように心がけています。

築いているものは?

本社総務部という部署に対する信頼です。本社総務部は法律を通して会社全体を守る、人体で例えると免疫機能のようなものだと思います。問題が起こるのを未然に防止したり、起こった場合には対処したり。本社総務部が上手く働かなければ、会社全体に損害が及びます。しかし予防も対処も、周囲からの信頼がないと、上手く機能できません。そのような部署なので、信頼を築くことが大事だと思っています。

大鉄の良いところ

仕事を通して、人びとの利便性の向上に貢献できるところ。そのため、誇りを持って仕事に取り組めます。そのような自負を持って働いている社員も多いように思います。優秀な社員が多く、仕事に対する意識も高いです。社内ではもっと良い会社にするためには今、何が足りないかという議論も盛んに行われています。会社として向上心があり、まだまだ伸びしろがあると感じています。さらに良い会社にするために、私も頑張っていきたいです。

採用情報

採用データ

募集職種

■技術系:線路・土木・建築の工事技術者(工事施工管理・監督業務)

■事務系:総合事務・営業

部門紹介

■線路部門
70余年にわたり、鉄道線路の保守・建設を支え続けてきました。
機械化等の開発にもいち早く取り組んでおり、経験と先進機械による質の高い施工で鉄道の安全快適な輸送を担っています。
また、災害があった時のすばやい復旧も大きな任務。いち早く現場に出向き、被害状況と復旧工事の予定をすばやく立てて、実行に移します。長年の経験により、非常時のノウハウも多く蓄積されています。

■土木部門
鉄道を中心に、未来の社会基盤を築く公共事業を数多く経験。
鍛えられてきた技術は公共・民間工事において如何なく発揮され、高い評価を獲得しています。施工条件、資源保護、環境への配慮など、いくつもの課題を克服しつつ、ベストな施工を目指し、チャレンジを続けていきます。

■建築部門
社会のニーズにこたえ、安全で快適な空間をつくるのが建築部門の使命。
多くの人に長く利用される建築物をつくることで、都市の財産となる空間を提供します。今後も積極的な企業姿勢をさらに強化し、実績と信頼を礎に、より快適な未来空間を創造していきます。

■事務部門
線路・土木・建築の3部門を束ねるのが事務部門の役目。
企画・総務・人事・経理そして営業。各部門、各支店を連携させ、ネットワークを構築することで、大鉄工業の未来をけん引する推進力を生み出しています。ジョブローテーション制に基づく様々な業務経験を通して、バランスの取れた総合的能力を養成することによって、大鉄工業の進むべき道を指し示すことができる、人材育成に力を入れています。

初任給
[2017年度実績/月給]
修士了 242,000円
大学卒 232,000円
高専卒 212,000円
※2017年4月よりベースアップ
諸手当
管理職手当、職務手当、超過勤務手当、特別現場手当、休日勤務手当、 家族手当、通勤費全額支給、退職金制度 ほか
昇給
年1回(4月)
賞与
年2回(7月・12月)
休日休暇
完全週休2日制(土・日)、祝祭日、年末年始、特別休暇・リフレッシュ休暇制度、年次有給休暇(半休制度あり)、創立記念日、慶弔休暇、育児・介護休暇制度 ほか
保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
福利厚生
社員持株会、財形貯蓄制度、退職金制度、独身寮、社宅、野球場年間法人シート、会員制リゾート、会員制福利厚生サービス(ジェイアールウエスト倶楽部)
勤務時間
8:30~17:15 ※1ヶ月単位変形労働時間制あり
教育制度

■技術系
新入社員研修(全体・部門別)、階層別研修、職種別研修、資格取得支援制度、OJT など

■事務系
新入社員研修、階層別研修、資格取得支援制度、OJT など

お問い合わせ

新卒採用に関するお問い合わせ先

〒532-8532
大阪市淀川区西中島3丁目9番15号
TEL:(06)6195-6105
担当:人事部 採用担当

よくある質問

大鉄工業を受験したいのですが、どのようにしたら良いのでしょうか?
まずはリクナビよりエントリーをお願いします。
会社説明会や採用スケジュールなどもリクナビよりご案内させていただきます。
資料請求はどのようにするのですか?
会社案内などの資料は、合同説明会や会社説明会の際に配布しております。
職種別(線路と土木等)の併願をしたいのですが、可能ですか?
併願での選考は受付致しておりません。
どの職種がご自分の研究されてきたものが活かされるのか、またご希望や適性など、説明会やイベントなどでも、ご質問・ご相談は受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
選考において、院卒と学部卒で選考に違いはありますか?
選考内容に違いはありません。
OB・OG訪問をしたいのですが?
OB・OGの紹介は特にしておりません。先輩、知人等を通じてご自身で機会を作っていただく事については、問題ありません。
配属や勤務地の希望は叶うのでしょうか?
各支店の業務量や工事の進捗状況によりますので、必ずしも希望通りの仕事内容・勤務地に配属される訳ではありません。また、業務を遂行する上で必要な場合、成長やキャリアを踏まえての転勤もあります。
インターンシップに参加したいのですが?
建設現場での就業体験を通じて、現場で多くの方が協力して構造物をつくり上げていく建設業の仕事の面白さ、やりがいを感じてもらえるよう建設現場で体験実習できるインターンシップを実施しています。インターンシップの概要については、リクナビをご覧ください。