支店総務

Yurika
Yokota

支店総務

現場と連携を取りながら
適正な利益確保を支える。

横田 百合香

土木支店 総務部
2015年入社
文学部 人文学科 英米文学専攻卒

仕事

土木支店で現場の出納業務、
原価管理を行っています。

土木支店で、現金・預金を管理する資金業務をはじめ、現場の原価管理、収支の把握などを行っています。現在担当しているのは京都・滋賀エリアの現場。それぞれの工事の現場所長や所員の方々と密に連絡を取りながら、工事ごとの最終的な利益の把握に努めています。
現場へ出向き、工事の進捗状況を見て、予算書、注文書などを確認すると、現場でどういうことが行われて、どのように利益が得られているのかがわかってきます。現場からあがってくる予算書や注文書、請求書などをチェックするとともに、現場の方々とのコミュニケーションを通して、その工事の収支把握に努め、工事が完成した時に最終の利益率が自分の見込んだ通りの数値になると達成感が得られます。単に数字を追うだけではない、とてもやりがいのある仕事だと思っています。

苦労

経理だけでなく建設に関わる特別な
法律、規程、規則の知識を求められること。

建設業の経理は、原価管理の方法や勘定項目などが特殊で、幅広い専門知識が求められます。また、関連する法律や社内規程、規則について現場から相談されることもあるため、それらについての正しい知識も身につけておかなければなりません。日々の業務の中で、分からないところは先輩方に教えていただいたり、自身でも経理業務のスキルアップのため、建設業経理士1級の資格の取得に取り組んでいます。
また、現場では契約金額の増減につながる急な設計変更や、工事の工程変更等が行われる場合があります。そうなると最終の利益を把握するのが難しくなるため、日頃から所長や所員の方々とコミュニケーションを取り、契約金額や工事原価に影響を与えるような、変更がないか常に現場の状況をつかめるよう心がけています。

喜び

夢だった「成果物が見える仕事」に
携わっていることに喜びを感じています。

経理業務に就いた当初は、現場から原価管理や規程、規則について相談されても答えられないことが多々ありました。最近はその場で対応できることも増えてきましたが、現場の方に「ありがとう」と感謝されるたびに、うれしい気持ちとともに「もっと知識を身につけなければ」と勉強意欲がわいてきます。
事務部門は直接、建造物をつくるわけではありません。しかし、経理業務を通して、現場と連携を取りながら間接的にさまざまな建造物に関わります。「成果物の見える仕事がしたい」というのが、学生の頃からの夢でした。大鉄工業が施工した建造物を、多くの人が利用しているのを見ると、その夢が現実になったと感慨深いものがあります。

目標

知識とスキルをさらに身につけ
支店の決算業務で中心的な存在に。

経理業務に関する幅広い知識、高いスキルを身につけ、支店の決算業務において中心的な存在になることを目標にしています。また、現場にもっと頼りにしてもらえるように、土木支店の工事や原価管理に関する知識をさらに深めたいと思っています。
支店に配属され、「建設会社で働いている」という手応えをより強く感じるようになりました。いま土木支店での仕事が好きで、充実していると感じていますが、いずれは線路部門や建築部門の支店も経験して、自分の可能性を切り拓いていきたいです。

  • なぜ大鉄を選んだのか

    就職活動中は、さまざまな業種の会社を回っていました。「ぜひ当社に入社してください」という押しの強い会社が多い中、大鉄工業は違っていました。自社の長所、短所を学生に説明した上で「自分に合う会社だと思って入社してもらえるとうれしいです」という学生視点の姿勢が印象的でした。面接の時には先輩社員がわざわざ面接会場の近くまで来られて、「頑張って」「いってらっしゃい」と応援してくださいました。このような社員の方々の親身な対応や人柄に惹かれて入社しました。

  • 守っているものは?

    業務の根拠になる規則や決まりを考えて仕事を行うことです。業務を行う上で、先輩方が作られたマニュアルや手順書を見て作業することが多々あります。私は土木支店で仕事をするまで、経理業務に携わっていなかったので、業務について知識を身に付けるためにも、その業務はなぜ必要なのか、どうしてそのような処理をするのかを考えて仕事をするよう心がけています。

  • 築いているものは?

    工事担当の部長、現場所長、所員の方々との信頼関係です。現場と連携して原価管理を行うなかで、信頼関係は欠かせません。現場の方が原価管理について、困ったり迷ったりした時に、頼ってもらえる存在であるために、現場から求められた問いに対して、正確に迅速に答えたり、現場がどういう状況にあるか、実際に足を運んだり、まめに連絡を取るなどして、現場との関係構築に取り組んでいます。

  • 大鉄の良いところ

    線路・土木・建築の3部門があり、それぞれの知識や技術を結集して、さまざまな工事を行えるところが大鉄工業の強みだと思います。また、教育研修制度も充実しています。さらに、入社3年目以下の若手社員を5年目以上の社員がサポートする制度もあり、新入社員も安心して働くことができます。