土木

Tatsuhiro
Nakayama

土木

人々が生活する上で重要な
鉄道土木構造物を守る。

中山 達弘

北陸支店 土木工事第一部
金沢土木メンテナンス出張所
2012年入社
環境建築学部 環境土木工学科卒

仕事

鉄道土木構造物の
維持管理を行っています。

入社後、ホームの新設工事や災害復旧工事、JR西日本様への出向、耐震補強工事などを経験し、現在は金沢土木メンテナンス出張所に所属しています。この出張所は、JR西日本様やIRいしかわ鉄道様の石川エリアで北陸新幹線、北陸本線、七尾線の鉄道土木構造物の維持管理、いわゆるメンテナンス業務を行っています。鉄道土木構造物とは鉄桁の橋梁や高架橋、駅のホームなどで、私は、それら各施工箇所の現地調査から施工計画、施工まで担当しています。
施工内容によっては夜間の最終列車から始発までの限られた時間の中での施工となったり、昼間に施工する場合でも列車を通しながらの施工になったりするため、列車の運行に影響がないようにお施主様や協力業者と施工方法の検討や打ち合わせを入念に行いながら現場管理に取り組んでいます。

苦労

予期しない事態に直面しても
安全に工事を進める責任。

同じような工事内容でも施工箇所によって施工条件が大きく異なってきます。例えば、施工箇所が狭く重機が入れない箇所や、一般の方々が多く通行している箇所、また限られた時間の中で行う施工等があり、誤った判断をすると事故につながるケースもたくさんあります。
また、掘削工事では実際に掘ってみたら配管などの支障物が埋まっていた場合があるなど、完璧な施行計画を立てたと思っていても、実際に施工してみると予期していない事態が発生することがあります。
たとえどのような状況に直面しても、その場でどうすれば安全に工事を進められるかを考え判断しないといけないので、日々緊張感をもって業務に努めています。

喜び

構造物が無事に完成し、
竣工した時の達成感。

自分が考えた施工計画がイメージ通りに進んで無事に竣工を迎え、携わった構造物が「かたち」として残るところにやりがいを感じます。計画をする上で、施工箇所によってさまざまな条件があり、鉄道のルールの中で、どのように進めていけば効率よく安全に施工ができるかを考えていくのは、苦労するところでもあり、楽しいと思えるところでもあります。計画通りに施工が進んで構造物が無事に完成し、竣工した時の達成感は何回経験しても良いものだなと感じます。
また私自身が過去に携わった構造物を、電車や車で移動している時に見かけることがありますが、当時の楽しかったことや苦労したことなどを思い出すことで、「次も頑張ろう」と仕事へのモチベーション向上につながります。これは味わった人しかわからないもので、学生の皆さんにも強くアピールしたい、この仕事だからこそのやりがいです。

目標

ゆくゆくは所長として、
みんなを引っ張っていきたい。

これまで経験したことのないさまざまな工事を数多く担当し、現場経験や知識を高めていくことによって、目標としている上司や先輩に一日でも早く近づけるよう努力していこうと考えています。そして、難易度の高い工事でも「中山がやるなら大丈夫」と言われる技術者になれるように、スキルアップしていきたいです。
また、ゆくゆくは現場のトップである所長として一つの現場を任され、先頭に立ってみんなを引っ張っていける人材になるのが目標です。

  • なぜ大鉄を選んだのか

    高校・大学を通して土木について学んだため、将来就職するなら建設会社と考えていました。通っていた大学が石川県内にあり、大型連休になると地元の兵庫県まで電車を利用して帰省していました。その際、列車の窓から、線路沿いや線路内、線路上空といったさまざまな場所の工事現場に掲げられた「DAITETSU」の看板を目にすることがありました。「DAITETSUってどんな会社なんだろう」と気になり調べたところ、私たちが生活する上で重要なライフラインの一つである鉄道の保守工事や新設のプロジェクト工事に多く携わっている会社だと知り、将来私自身も大鉄工業で、人々が生活する上で重要な鉄道構造物を数多く造ってみたいと思い入社を決意しました。

  • 守っているものは?

    一番は安全に事故なく施工を行うことです。鉄道は日々多くのお客様が利用される重要なインフラであり、大鉄工業は人々の暮らしに必要不可欠な構造物を数多く手がけています。だからこそ、安全について最も力を入れている企業であり、私自身も大鉄工業の一員として、どうすれば事故なく工事を進めていけるかを常に考え、現場で働く方々が楽しく仕事を終えられることを大切にしています。

  • 築いているものは?

    人との信頼関係です。構造物の建設は、お施主様や会社の仲間、協力業者といった数多くの方々と日々協力し、意見をお互いに出しながら進めていきます。もし信頼関係を築けていなければ、何か問題等が発生した場合でも他人任せになり、言いたいことも言えず、お願いしたいこともお願いできないといった悪循環になり、良い構造物を造ることができません。普段からコミュニケーションをとるようにし、信頼関係を築いていけるように心がけています。

  • 大鉄の良いところ

    若手社員に対する教育制度が充実しているところと、わからないことがあれば誰にでも相談できる職場環境が整っていることが良いところだと思います。大鉄工業では若手社員の育成に力を入れており、兵庫県三田市に技術研修センターがあります。技術研修センターでは座学での基本的知識を現場経験豊富な講師から学ぶことができます。また、施設内には鉄道構造物の実物設備があるので、実際にどのようなな構造になっているかを間近で見てふれることも可能です。工事桁の掛替えや橋梁補修等の実施工で行われる工事の施工計画を自分たちで考え実際に体感し、現場管理の理解を深めることができる施設はとても貴重です。
    また普段の業務において、現場でわからないことや不安に思っていることが発生した場合でも、上司や先輩に何でも相談することができ、自分がこうしたいと考えたことについて積極的に挑戦させてくれるところが良いところだと思います。