人事

Maho
Maekawa

人事

学生目線の採用活動で、
会社の将来を担う人材を採用する。

前川 真穂

本社 人事部
2018年入社
法学部 法学科卒

仕事

各部門のリクルーターと連携し
採用活動全般を手がけています。

入社して約一年間、現場研修をした後、本社人事部で採用業務を担当しています。線路・土木・建築の各部門のリクルーターと連携しながら、採用活動全般のとりまとめ役として活動しています。具体的な業務としては、会社説明会やインターンシップの企画運営をはじめ、採用選考、学生対応など、採用活動を成功に導くためのあらゆる活動が守備範囲となります。
私自身、学生と年齢が近いこともあり、学生と同じ目線で話をするよう努めています。中でも心がけているのは、できるだけ会社の本当の姿をお伝えすること。良い姿ばかりを見せて入社してもらってもミスマッチにつながってしまいます。そうなると学生ご本人のためにもならないので、正直に話し、本当の姿を知ってもらった上で大鉄工業を選んでいただきたいと思っています。

苦労

イレギュラー事態やトラブルに負けず
一歩ずつ前に進んでいます。

インターンシップや現場見学会の実施にあたっては、悪天候や現場工事の段取り変更といったイレギュラー事態がしばしば発生します。予定していた通りに進まないことも多いのですが、いざその時になって現場で焦ることがないよう、「もし〇〇になったらどうする?」とさまざまなケースを想定してあらかじめ入念に準備するようにしています。
また、今はまだ経験が浅く、やること一つひとつが初めてである点も苦労するところです。大小さまざまなトラブルにぶつかっては対応して…、といったことを繰り返しながら一歩ずつ前に進んでいます。

喜び

自分が選考を見守ってきた人材が
将来、会社で活躍すること。

採用の仕事は、各部門のリクルーターをはじめ、現場の出張所、さらに面接では役員に至るまで、人事部以外のさまざまな方に協力をお願いして進めていきます。こうして会社中を巻き込んで仕事ができるのが、採用業務のおもしろいところです。
そして、何より楽しみにしているのが、会社説明会から選考を見守ってきた学生の方々が、大鉄工業の新入社員として春に入社してくること。こうして入社してくれた人の中から将来、所長が誕生すると思うと、採用という仕事のやりがいの大きさを実感します。

目標

「前川さんと仕事がしたい」と
志望してもらえる存在を目指す。

まずは採用担当として成長することです。常に一年先を見据えて、学生一人ひとりとのご縁を途切れさせないような活動ができるようになりたいです。そして学生の方に「前川さんと仕事がしたい」と大鉄工業を志望してもらえるような存在を目指したいと思っています。
一方で、自分のキャリアを積むうえで、現場に近いところでも仕事がしたいという希望も持っています。私は現場研修の後、すぐに本社へ異動してきたので、支店での事務経験がありません。どこかの支店で現場仕事を間近で支える経験をし、その後再び本社に戻ってくることにより、また今とは違った視点で、現場と本社をつなぐ仕事をしたいと考えています。

  • なぜ大鉄を選んだのか

    父や祖父が建設会社に勤めていることから、もともとこの業界に親しみを感じていました。中でも大鉄工業に魅力を感じたのは、「鉄道」という他社が手がけていない仕事を得意分野にしているところ。また、出身地である関西圏を中心に事業を展開していて、かつ総合職としてしっかりしたキャリアを築ける点にも惹かれ、入社を決めました。

  • 守っているものは?

    学生にとっての、大鉄工業の「顔」でしょうか。採用担当である私一人の印象が、そのまま大鉄工業の印象につながるという意識を持ち、どんな時でも「笑顔で元気よく」を忘れずに仕事をするようにしています。

  • 築いているものは?

    人間関係です。社内の幅広い方々と連携する上で、良好な人間関係は欠かせません。また、採用活動では、他の社員よりも一足先に、次の世代を担う新入社員との関係を築いていると言えます。こうした人間関係は、これからの自分に生きてくるに違いありません。

  • 大鉄の良いところ

    私が在籍する人事部にも、新入社員で配属された現場出張所でも、とにかく周りの人に恵まれています。日々失敗の繰り返しですが、根気強く教え、何でも相談に乗ってくださる先輩方が周りにたくさんいます。ゆくゆくは自分も誰かにとってそういう先輩の一人になりたいです。