営業

Takashi
Azuma

営業

お施主様や地域の皆様に
喜ばれる物件をかたちにする。

東 駿

建築本部 建築営業部
2015年入社
経営学部 経営学科卒

仕事

新規獲得営業から竣工まで
一連の建築プロセスに携わっています。

民間のデベロッパーをお施主様とする、商業施設やマンション、物流施設といった建築物件の営業を担当しています。新規顧客獲得のための営業活動に始まり、見積提出、受注後の建築部門への引き継ぎ調整、工事が始まって以降の現場定例会議における工程調整など、建物が竣工するまでの一連のプロセスに携わっています。
入社1年目は、先輩について現場に通い、まず建物を建てるおおよその流れをつかみました。3〜4年目で、ようやく営業としてどう動けばよいかが見えてきたように思います。建築営業の仕事にはマニュアルがなく、担当物件によって状況もまるで異なるため、その都度、文字通り「臨機応変」に動くことが求められます。

苦労

さまざまな関係者様との
調整事が苦労するところです。

この仕事には数多くの関係者が存在しますが、それら関係者の皆様との調整事が苦労するところです。お施主様との調整事で多いのは、御見積について。御見積金額は、さまざまな項目の積算によって算出しますが、各プロセスで想定されるリスクをどこまで見るかが難しいところです。リスクを見積もりすぎると予算と合わなくなる一方で、低く見積もりすぎると適正な利益が確保できません。お施主様とうまく調整しながら、お互いに納得のいく見積に収れんさせていくのが、この仕事の難しさでもあり、おもしろいところです。
他にも、近隣の皆様と、工事を進める上での約束事を決めたり、商業施設であれば入居されるテナント様と条件面を折衝したりと、さまざまな調整事が発生します。

喜び

竣工引き渡しの日を迎えた時は、
実に感慨深いです。

自分が担当していた物件が長い年月をかけて完成し、竣工引き渡しの日を迎えた時は、実に感慨深いです。営業担当は、社内で最も長い期間、その物件に携わることになるので、それまでの日々に思いを巡らせて「ついにこの日がきたか」と胸が熱くなります。今のところ、おおよそ一年に一度のペースで、この引き渡しを経験しています。年一回のご褒美といったところでしょうか。
最も印象に残っているのは、入社2年目に担当したマンション工事です。いろいろな問題が次々に起きて、本当にたいへんな物件だったのですが、その分、勉強になり、竣工時の感動もひとしおでした。後日、マンションに入居者の方々が出入りされているのを見て、「地域に貢献できた」とうれしくなりました。

目標

「東が担当するなら大丈夫だな」
と言われるようになりたい。

この仕事は経験がものを言うと思っています。その点、上司や先輩の現場対応力や折衝能力は、もう「すごい」としか言いようがありません。自分も一日も早く、そのような力をつけて「東が担当するなら大丈夫だな」と言われるような営業担当になりたいと考えています。
そして、いずれは営業の中心として、地域の皆様に喜ばれるような物件を担当できるよう成長していきたいです。

  • なぜ大鉄を選んだのか

    学生時代にずっと野球をしており、コミュニケーション能力に自信があったので、それを活かせる営業職を志望していました。中でも、何かかたちに残るような仕事がしたいと考え、大学のキャリアセンターに紹介してもらった大鉄工業に魅力を感じて入社しました。

  • 守っているものは?

    会社の窓口としてお施主様とやりとりをさせていただいているため、「会社の看板」を守っているという意識で仕事をしています。自分が信頼を積み重ねていくことが「次」につながると考えています。

  • 築いているものは?

    お施主様とのつながりや、施工部門とのつながりを築いています。施工部門は、いわば一緒にモノづくりに取り組むパートナー。頼りにされる存在となれるよう、スキルアップに努めています。

  • 大鉄の良いところ

    頼りになる上司や先輩が多いところです。入社前は、会社というところは上下関係が厳しく人間関係で苦労するものだと勝手に想像していましたが、まったくそんなところはなく、皆さん気さくで非常に仕事がしやすいです。これからは自分が先輩になるので、大鉄工業のこの良きDNAを受け継いでいきたいと思っています。