技術研修センター

見て、触れて、感じて、挑み、学ぶ。

新入社員から一人前の技術者へ

座学だけでなく実設備を用いた研修をすることが効果的であることから、実物を用い実際に体験して技術を習得することができる「実体験型研修施設」を兵庫県三田市に建設しました。

施設概要

見て、触れて、感じて、挑み、学ぶ。

大鉄工業では、将来にわたり高いレベルの安全・品質を提供し続けるため、次代の担い手である若手技術者の育成に力を入れて取り組んでいます。そこで、「大鉄工業が必要とする技術者を、大鉄工業がきちんと育て上げる」という人材育成方針のもと、実物設備で実際に「見る」「触ってみる」「やってみる」ことによって、技術者として求められる技術や技能の基本を習得できる施設を建設いたしました。

地図
駅からすぐの便利な立地
JR福知山線「新三田」駅より徒歩3分
■ 所在地 兵庫県三田市福島字宮野前501番27
■ 敷地面積 9,081.9㎡

■ 施設概要

  構 造 階 数 延床面積
建築実習棟 鉄骨造 地上3階 約3,750㎡
土木実習棟 鉄骨造 地上1階 約450㎡
研修棟 鉄骨造 地上3階 約2,150㎡
線路実習線(※) 軌道延長 約420m
 ※分岐器(1組)、ホーム(桁式)、URTエレメント(施工状況)、
      工事桁、橋梁、踏切、工事用渡線路等

技術研修センターは、総合的な教育を行う「研修棟」に加えて、「線路実習線」「土木実習棟」「建築実習棟」の4つの施設で構成されています。これらの施設を利用した研修では、部門ごとの専門技術を体系的に学ぶことができます。

全体配置計画

研修内容

「線路実習線」「土木実習棟」「建築実習棟」には、部門ごとの専門技術が盛り込まれた実物大の模型を配置しています。従来の講義やグループワークの研修だけでなく、これらの設備を利用した体感型研修と併せることで、より高いレベルの安全・品質の技術を習得した、技術者の育成を目指します。

新研修施設における「実物を活用した研修」の流れ

  • 線路部門実習(線路実習線)

    実際の線路(約420m)を用いて、軌道整備や軌道材料交換などの作業を体験することで、作業の勘所の理解や軌道構造・軌道材料の基礎知識の理解を深めます。また、列車防護訓練などにより異常時の対応能力を高めます。

  • 土木部門実習(土木実習棟 )

    コンクリート構造物の実物大模型を用いて、施工手順や構造物に対する現場管理の理解を深めたり、実物の桁・吊り足場などを活用して、鉄道土木工事固有の技術や、安全に対する理解を深めます。

  • 建築部門実習(建築実習棟)

    建設途中の現場を再現した実物大模型を用いて、間違い探しなどの実技を通じ、施工管理上のポイントの理解を深めます。また、構造上のポイントのカットモデルなどを用いて、図面だけで理解しにくい部分の構造等の理解を深めます。

  • 総合教育(研修棟)

    講義とグループワークを交え、現場で使える技術が身に付く研修となるように、従来の研修とは異なるアプローチでの研修方法を検討しています。また、全部門の新入社員研修にも対応できるよう宿泊施設も備える計画となっています。

PageTop