DAITETSU

 

線路部門

信頼という二文字に願いを込めて。
鉄道の未来を築きます。

人々の重要なライフラインの一つでもある鉄道は人の生命を預かる仕事であり、絶対の安全と安心が約束されなくてはいけません。その根幹には、単なる技術力や創造力では成しえない信頼の技術が不可欠となります。
DAITETSUの鉄道工事は、永年受け継がれた経験工学と最先端の線路工学で成り立っています。工事作業の効率化を図るにあたっては、経験工学をもとに種々のオリジナル機械を誕生させました。さらに質の高い線路技術は、大きな成果を上げると共に海外でも高い評価を得ています。線路と駅を通して信頼の輪を広げてまいります。

  • 橋まくらぎ交換機による橋まくらぎ交換工事
  • 富山駅付近軌道新設他工事
  • 大型クレーンによるシーサスクロッシング挿入
  • 自走式レール交換機による ロングレール交換工事

線路部門の現場

JR西日本米子支社の玄関口を守る米子出張所

米子支店 米子出張所

Map 米子出張所は、JR西日本米子支社の伯備線(新郷駅~伯耆大山駅間)と山陰本線(赤崎駅~安来駅間)、境線(米子駅~境港駅間)の約111kmの線路を保守するプロ集団として日夜奮闘しています。
日々の線路補修に加えて、レールの継目を無くして列車の乗心地を良くするロングレール化や木まくらぎをコンクリートまくらぎへ交換して耐久性を良くする作業等を施工しています。
また、橋まくらぎ交換作業の機械化は、今までに比べて「より安全で効率良く施工できる」ことから、今後も機械化を推進していきたいと考えています。
こうした作業において、安全と品質を確保するためには、社員をはじめ協力会社との連携と信頼関係が不可欠です。そのため、米子出張所では、毎日の作業において、一人ひとりが如何に実効性のある事故防止の取組みを行うかに力を入れて取組んできました。
そのために、『きっちりとした作業計画の策定と指示』、『関係者間の打合せの充実』、『線路内作業におけるSTKの完全実施』『作業後の確実な跡確認』『日々の演練の実施』『保守用車使用時の安全対策』等のルールを確実に守り、ルールを理解してそれを現場で実践できるようこだわりを持って取組んでいます。
私たちは、線路固有の技術力の向上に向けた研鑚を積み重ね、社員と協力会社が一丸となって、安全で安心できる線路を提供し続けていきます。

  • 現場画像

    機械を使用した橋マクラギ交換作業

  • 現場画像

    協力会社と合同で実施する「触車事故防止演練」

 

PageTop