DAITETSU

 

建築部門

「人と環境への思い」を、3つの便りで創造します。

DAITETSUの建築部門が創設以来取り組んできたテーマは、環境共生型の街づくりです。中でも駅舎は単にヒューマン・スクランブルの場としての存在に留まらず、街の顔としての大切な意義を持っています。これらの駅舎関連工事で培われた技術と経験は、JRグループ関連工事やマンション事業等の受注へと繋がっています。
明日への一歩は、日々積み重ねた努力から始まります。大鉄工業が取り組んできた魅力ある都市環境、都市空間の形成は、決してすぐに達成できるものではありません。今後も日々のたゆまぬ努力により、快適なコミュニティーづくりを推進し、更なる魅力のある都市環境・都市空間の形成に努めていきます。そして「人と環境への思い」を"安全・品質・環境"の3つの便りとしてお届けしてまいります。

  • 大阪駅ノースゲートビル
  • 高岡駅
  • ジェイグラン須磨海浜公園
  • ケーズデンキ観音寺店

建築部門の現場

地域密着型の工事を目指して...

~新山口橋上駅 Ⅱ期工事施工中!~

SL「やまぐち」号で賑わうホーム

SL「やまぐち」号で賑わうホーム

工事概要
工事件名
新山口橋上駅新築他工事
工事場所
山口県山口市小郡下郷
工期
平成23年10月26日~平成27年12月20日
建築概要
橋上駅・自由通路S造2階建
新幹線柵外コンコース改修

 山口県の玄関口ともいえる新山口駅は、県のほぼ中央に位置し、豊かな自然や歴史が共存する文化と観光都市の山口市にあります。山陽新幹線と山陽本線、山口線、宇部線の接続駅となっております。
また、新山口駅は観光列車SL「やまぐち」号の始発駅でもあります。平成25年7月の豪雨による山口線の橋の流失などで、一部の区間でSL「やまぐち」号の運休が続いていましたが、当社の土木部門も参画した復旧作業も無事完了し、平成26年8月に全線での運行を再開することが出来ました。復旧後はSLを見に来られるお客様も多くなり観光の起点としてますます賑わいを見せています。

sinyamaguti_201412_02.jpg


 平成23年に着工した当該工事においては、Ⅰ期として、
バリアフリー機能を備えた「こ線橋」(ホーム間をつなぐ
通路)を先行で完成させて、平成26年3月10日に部分
開業に至りました。在来線の各ホームへのエレベーター
やエスカレーターが設置された「こ線橋」は、駅をご利
用になるお客様に、「便利でスムーズ」「明るくてきれい」
など、とても喜んでいただいています。




 平成26年4月からは、Ⅱ期として橋上駅舎の残りの工事(駅の南北をつなぐ自由通路、改札等の駅務施設、商業店舗など)を順次進めています。
Ⅱ期の完成を含む全面開業は、平成27年秋の予定です。最後まで、駅をご利用になるお客様の安全確保に細心の注意を払いながら取り組んでいきたいと思います。
sinyamaguti_201412_03.jpg 約3年に渡って工事を進めてきた中で、作業所ではより地域密着型の工事を目指すための様々な取り組みを行っています。
取組みの一例として、平成26年11月に地元小学生を対象にした現場見学会を開催しました。この見学会では、普段は見ることのできない工事途中の状態や、工事用のクレーンなどを見学してもらいました。帰る際に「完成が楽しみ」、「完成したら見に来ます」という子供たちの声を受けて、作業所一同の励みになりました。
こういった取組みの積み重ねもあり、最近では地域の方々とのつながりも深まってきたことを実感しています。sinyamaguti_201412_04.jpg 工事も終盤でありますが、地域の方々をはじめ、訪れる人の記憶に残るようなシンボリックな駅を目指して、Ⅱ期工事も引き続き作業所一丸となって全力で取り組んでいきたいと思います。

 

PageTop