DAITETSU

 

建築部門

「人と環境への思い」を、3つの便りで創造します。

DAITETSUの建築部門が創設以来取り組んできたテーマは、環境共生型の街づくりです。中でも駅舎は単にヒューマン・スクランブルの場としての存在に留まらず、街の顔としての大切な意義を持っています。これらの駅舎関連工事で培われた技術と経験は、JRグループ関連工事やマンション事業等の受注へと繋がっています。
明日への一歩は、日々積み重ねた努力から始まります。大鉄工業が取り組んできた魅力ある都市環境、都市空間の形成は、決してすぐに達成できるものではありません。今後も日々のたゆまぬ努力により、快適なコミュニティーづくりを推進し、更なる魅力のある都市環境・都市空間の形成に努めていきます。そして「人と環境への思い」を"安全・品質・環境"の3つの便りとしてお届けしてまいります。

  • 大阪駅ノースゲートビル
  • 高岡駅
  • ジェイグラン須磨海浜公園
  • ケーズデンキ観音寺店

建築部門の現場

地域活性化につながる糸魚川駅  完成!

建築支店 糸魚川駅作業所

北面 外観

北面 外観

工事概要
工事件名
糸魚川橋上駅新築他工事
工事場所
新潟県糸魚川市大町2丁目
工期
平成23年11月8日~平成26年1月31日
建築概要
橋上駅・自由通路
S造 地上2階

 糸魚川駅は、北陸本線と長野県白馬・安曇野から松本を結ぶ大糸線の結節駅で、大正元年12月16日に開業してから平成24年で100周年を迎えました。又大糸線が全線開通して55周年という節目の年を迎えています。

 本工事は、平成27年2月の北陸新幹線開業に合わせ、在来線駅舎の橋上化とそれに隣接する新幹線駅を結ぶ自由通路の新設工事です。外部デザインは、旧市街の町並みと新幹線駅が調和した日本海の荒波やヒスイ海岸の風景を取込み、有名なフォッサマグナをイメージしたもので、市民から愛されるデザインとして決められました。
 自由通路は、街と街をつなぎ新たな動線をつくり出し、地域の発展に寄与する公共空間を創出するデザインとなっています。また、通路の快適性を確保しながらも人の動きや活動が感じられる空間を生み出しています。

 工事は平成24年秋に着手し、平成25年5月からは線路上空の橋上駅鉄骨建方を行いました。同8月より外装・内装の仕上げ工事に着手し、12月1日に無事開業となりました。
itoigawa2_2.jpg
 線路上空での工事の為、列車の走らない夜間での作業が大半を締めましたが、近隣の皆様のご協力を受け、円滑に工事を進めることが出来ました。また、列車のすぐ側での工事ということもあり、安全には十分注意し高品質の建物を作るよう取組みました。

 

PageTop